ファクタリングで即日の資金調達が可能になる

  • ファクタリングをおすすめしたい状況とは

    • 資金が潤沢にあるのならば、銀行からの貸し付けを最小限に抑えられるでしょう。

      融資には利息がつくので、借りすぎは債務超過を招くことがあります。

      おすすめのファクタリングが最近こちらで話題になりました。

      当初は返済可能だと判断していても、途中で返済遅延になるケースは少なくないです。



      当然ながら延滞が長期化すれば信用情報に登録され、他の金融機関から借入れできなくなります。

      そうした状態でファクタリングはおすすめで、信用情報に問題があっても資金調達ができます。
      過去に債務を整理した状況においても問題はありません。


      融資を利用できる場合においても、融資決定まで待てない状況にあるならファクタリングをおすすめします。


      概ね3〜10日で入金されるので、ローンより圧倒的に素早いです。

      消費者金融の事業ローンに関しては、数日で借りられることが多いです。

      ただしローンは借金になりますから、財務状況がどうであれ返済義務が発生します。
      消費者金融は財務状況がかなり悪化していても融資してくれることが多いですが、金利はかなり高く設定されます。個人向け融資のキャッシングと比較しても、2〜3%くらいしか違わないほどです。
      ファクタリングをおすすめしたい最大の理由は、借金と違って返済義務を背負わないためです。売掛債権を譲渡して資金調達をしますので、債権買取に分類されます。



      資金繰りに悪化している状態で、借入れを重ねるのは得策ではありません。


      借金が借金を呼び込む状況になりかねないので、債務超過の場合はファクタリングをおすすめします。