脱毛の種類と効果の違い

今最も多くの人に利用されている脱毛方法は、エステサロンのフラッシュ方式や医療機関で行われるレーザー方式などです。

これ以外にも他の種類の脱毛方法も存在し、それぞれ効果の出方や持続期間に特徴があります。まずフラッシュ方式とレーザー方式は毛根に熱のダメージを与える光とレーザーを使用し、毛母細胞というムダ毛が生えるもととなる細胞を破壊することによりムダ毛を取り除くというものです。1回の施術で処理できるムダ毛は肌表面に生えている部分のみですが、数回の施術を終えれば完全にムダ毛が生えてこない状態となり、その後半永久的に効果が持続するという大変優れた脱毛方法です。

フラッシュ方式とレーザー方式では後者の方が高出力の機器を使用していますので、必要な施術回数は少なくなっています。目安としてはフラッシュ方式で8~12回、レーザー方式で5回前後の施術が必要となります。その他の脱毛方法にはニードル方式やワックス方式が存在します。ニードル方式はフラッシュ方式やレーザー方式が利用されるよりも前から存在している方法で、ムダ毛に針を刺し、そこへ電気を流して毛母細胞にダメージを与えることでムダ毛を除去するというものです。

こちらも効果は半永久的ですが、丁寧に針を刺すことから施術に時間がかかり、また電流による刺激がかなり強いことから、現在の利用者は以前よりも減っています。ワックス方式はもっとも原始的な脱毛法で、粘着性のあるワックスをムダ毛部分に塗り、はがす際にムダ毛を一緒にからめとるというものです。1回の施術で広範囲を一気に処理できるというメリットがありますが、効果の持続する期間は約2週間程度と短くなります。

新宿で皮膚科脱毛するならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です